HUGエナジー株式会社 06-6943-0828 HUGエナジー株式会社
  1. TOPページ>
  2. サービス一覧>
  3. 大規模太陽光発電(メガソーラー)

大規模太陽光発電(メガソーラー)

大規模太陽光発電(メガソーラー)

メガソーラーとは

メガソーラーとは、出力1メガワット(1,000キロワット)以上の大規模な太陽光発電のことを言います。
発電所建設には大きな土地が必要になりますが、その分発電量も大きく、再生可能エネルギーの基幹電源として、各業界で期待されています。
また、2012年7月から再生可能エネルギーの固定買取制度が施行されたことにより、電力を一定の価格で電力会社が買い取ることが義務付けられました。
買い取り期間は20年と長期に設定されており、発電だけではなく運用そのものをビジネスとする形態も増えつつあります。

メガソーラーのメリット

メガソーラーには様々なメリットがあり、特に遊休地をお持ちの方にとっては有効な利用法として定着しつつあります。
土地の有効活用 これまで遊休地であった広大な土地に発電所を設置することで、
土地の有効活用としての経済的効果が期待できます。
地球にやさしいエネルギー 他のエネルギー生成手段と比較して、化石燃料を使用せずに太陽のエネルギーを利用するため、
非常にエコな手段であると言えます。
事業としての安定性 20年の固定価格買取制度が存在するため、余剰電力を電力会社に販売することができ、事業の安定を実現することができます。さらに、発電シミュレーションなどで事前にどの程度の収益を売ることができるかどうかの予測をすることができます。
メガソーラー事業主募集

ソーラー発電所事業に強いHUGエナジー

約5000件、事業経験10年の強みは運用でこそ活かされます。

約5000件、事業経験10年の強みは運用でこそ活かされます。
定期点検 ■日常点検
毎月1回担当者を派遣しシステム点検
■保守・メンテナンス
システムの不具合時に対応・調整・部品入れ替え作業など
緊急対応 ■駆けつけ対応
異常発生時の緊急対応
■トラブルシューティング
異常不具合時の調整・部品入れ替え作業など
※下草刈り、パネル清掃などのサイト管理業務はオプション対応となります。
※実際の修理や部品入れ替えが必要な場合は、別途お見積りをさせていただく形となります。
※その他、ご要望に応じてサービス内容を変更させていただきます。
※点検内容・点検頻度は各発電設備の保安規定に準じます。

メガソーラー導入の流れ

メガソーラー導入の流れ

開発に必要な条件

メガソーラー発電所開発に必要な条件は下記になります。
1.豊富な日射量が確保できる
日射量が多いほど、太陽電池モジュールから得られる発電量は多くなります。
一方で、開発地点は日射量だけではなく、気温などの気象条件を考慮して選定する必要があります。
2.広く平坦な土地がある
メガソーラー発電所の建設には広大な土地が必要になります。
発電容量1000kW(1MW)の発電所建設には、20,000u〜30,000uの土地が一般的には必要とされています。
また、日射を遮る山林・建物がないことも条件になります。建設工事との兼ね合いから、土地ができる限り平坦であり、数メートル程度の搬入路が確保されていることも大きなポイントになります。
家庭用 太陽光発電
メガソーラー発電所から送電するには、連携可能な送電線が近くにあることが必須となります。
発電容量に応じて、高圧送電線、特別高圧送電線を確保することが必要になります。
家庭用 太陽光発電
サイト内コンテンツ お問合わせ お問合わせ

このぺーじのトップへ
COPYRIGHT (C)HUG Energy ALL RIGHTS RESERVED